Interview

2018年新卒入社
テクロコ
プロダクト開発部

石崎 太規

愛知工業大学に進学。エンジニアにもデザイナーにもなりたいと考えていたが「プログラム未経験者が主戦力になっている」という話を聞いてテクロコに入社。先輩の仕事に支障をきたす失敗経験もあるが、学べるチャンスになった。仕事を通じて自分を磨き、仕事を楽しむ期待の若手新人エンジニア。

エンジニアにもデザイナーにもなりたかった。
プログラム未経験者でも、やりたい気持があればきっとできる。

エンジニアにもデザイナーにもなりたかった 「プログラム未経験者が主戦力」と聞いて、自分を成長させるためにテクロコへ

インタビューアー

どんな学生時代を送っていましたか?

石崎太規

愛知工業大学情報科学科メディア情報専攻へ進学しました。この学科ではプログラミングから3Dモデリング、グラフィックまで、あらゆるデジタルメディアのクリエイティブを扱っていました。
サークルは写真研究部に所属していて、部長も任されました。部員は20人ぐらいでしたが、人をまとめる大変さを痛感しましたね。
名古屋市にある東山動植物園を活動拠点に、動物の写真をよく撮っていました。愛機はCannon EOSです。高等学校を卒業した時におじさんからもらったカメラで、今でも愛用しています。

インタビューアー

就職活動に際し、職種はどのように決められましたか?

石崎太規

大学で幅広く学んだので、就職活動をするときには、エンジニアとデザイナーのどちらにもなりたいと考えていました。
ただ、いずれの職業に就くにあたっても、技術的には未熟であると感じました。
プログラミング言語はC、C++を大学時代に学びました。しかし、C言語を扱う仕事に就くことは考えませんでしたね。Illustratorなどのアプリケーションを使っていたので、WEB系の目に見えるような仕事をしたかったんです。

インタビューアー

それでは、多くの会社を受けたのでしょうか?

石崎太規

10社程度の会社を受け、実際に面接などの段階に進めたのは3社でした。東京ではWEB系の企業、地元の愛知ではSIerの企業に応募しました。
さらに就職活動を進めていくうちにSIerは自分のやりたいこととは違うと感じるようになり、WEB系の会社に絞り込みました。

インタビューアー

なぜ、テクロコを選びましたか?

石崎太規

テクロコは「プログラミング未経験者でも主戦力になれる」ということを先輩から聞き、自分の能力を磨いて成長できる環境だと考えました。
さらに自分と同じ境遇の先輩がいるのなら、さまざまな相談もしやすいのではないか、という期待もありました。

新規事業のプロダクトの仕事を進行中 大量のレビュー依頼で失敗するも、学ぶことに意義がある

インタビューアー

現在はどんな仕事を担当していますか?

石崎太規

今手がけている仕事は新規事業のプロダクトです。WEB系サービスのバックエンドツールを、PHP言語で作っています。
テクロコには30人ほどの社員がいて、エンジニアはその3分の1程度です。

インタビューアー

仕事にやりがいを感じていますか?

石崎太規

エンジニアとして楽しいと感じるのは、自分の作ったものが形になっていくときです。
自分が書いたコードを先輩がレビューしてくれるのですが、そのときに「ああ、こういうやり方もあったのか!」と気づけるのも嬉しいですね。
先輩のコードを見ながら「もっとこうした方がいいんじゃないか」などと話をする時間を有意義に感じています。

インタビューアー

仕事で失敗してしまった経験があれば教えてください。

石崎太規

先輩にプログラムのレビューをしていただく際に、膨大な行数のプログラムをお願いしてしまったことがありました。
単純に行数では換算できないのですが、たとえば通常は1,000行程度のプログラムをレビューしていただくところを、4,000行近くお願いしてしまったんです。
その結果、先輩の仕事が滞ってしまって、レビューの効率が悪くなったことがありました。
「ああ、先輩を困らせてしまった…」と反省しました。それからは、こまめにレビューをお願いするようにしています。

インタビューアー

それは大変でしたね…先輩方の対応はいかがでしたか?

石崎太規

先輩たちはいつもズバズバものを言いますが、実はやさしい人たちばかりです。
ただ、失敗には修正点を理解しやすいというメリットもあります。失敗から学んで、成長することが多いですね。
「レビューの単位が大きすぎると何が起こるのか?」を分かったので、先輩にはご迷惑をおかけしてしまいましたが、大量のレビュー依頼の失敗にも意義がありました(笑)

語学や資格取得はもちろん、やりたいことを諦めない 技術はなくても、仕事を楽しむことが大切!

インタビューアー

今後のビジョンを教えてください。

石崎太規

テクロコに入社したとき「エンジニアは英語ができなきゃダメだよ」と先輩に言われたので、英語を勉強してきました。今でもアプリで英語を学んでいます。
また、「基本情報技術者試験」という資格試験に一度は不合格となりましたが、再度挑戦しています。基本的に、勉強時間は通勤の電車の中ですね。

石崎太規

エンジニアは個人でいろいろなものを作ります。せっかく時間があるので、趣味程度で構わないから、WEBページでも作ってみたいですね。WEBには関係ありませんが、個人的にはVRも興味があります。

インタビューアー

入社を考えている学生にメッセージをお願いします。

石崎太規

私は、東京のひとり暮らしにすぐに慣れました。よく、エンジニアは勤務時間が過酷だと言われます。
しかし当社は「早く帰って自分たちのやりたいことをやろう」という社風があり、帰宅がそれほど遅くなることはありません。
むしろ自由な時間を自分のスキルアップのために費やして、それを仕事に生かす、という考え方を持つ会社です。

石崎太規

特別な技術はなくても、やりたい気持ちがあれば十分です。
実際に仕事をしてみて、楽しいと思えることが大切だと思います。私は今、最高に楽しいです!

Interviewその他の社員のインタビュー