Interview

2014年中途入社
第三営業本部
プランニング部 部長

中里  草大

大学時代に空間デザインを学び、不動産会社に入社。「売れない苦しみ」の経験を活かすという発想の転換から、マーケティング業界へ転職。社長である荻原の理念に共感して入社し、中小企業やベンチャーを売れる会社へと導く。新規開拓営業、仙台や新潟など各拠点のバックアップ、既存顧客のサポートと幅広く手がける。

売れない苦しみを知るからこそ「売れる喜び」へ導ける。
新規顧客開拓、地方拠点で幅広く活躍。将来的には新たなビジネス創出を。

新卒で入社した不動産会社で売れない苦しみを実感 経験をカテにして中小企業やベンチャーを「もっと売れる会社」に!

インタビューアー

新卒で不動産会社へ入社されたそうですね。

中里草大

大学卒業後は、小さなベンチャーの不動産会社に入社しました。当時はリノベーション全盛期で、かなり大がかりな改築をするお客様がいましたね。
けれど、空間デザイナーとして採用されたにも関わらず、任されたのは飛び込み営業でした。実際の仕事は、個人宅に一軒ずつ訪問して「マンション買いませんか?」というセールスです。
さらに、不動産業界は入れ替わりが激しく、属人化の強い業界だと実感しました。売れている営業が辞めてしまうと、ごっそり売上が下がるんです。

インタビューアー

不動産会社ではどんな経験をしましたか?

中里草大

物件を売る仕事を通じて「売れない苦しみ」を味わいました。
売るノウハウがない、売り方が分からない、さらに中小企業の場合、ヒトがいない、予算がない、時間がない、情報がない。負の連鎖が重なると、どうやっても売れません。

インタビューアー

売れないことがきっかけで、転職に踏み切ったのでしょうか?

中里草大

いいえ。その不動産会社では営業推進部を設置して、チラシやWEBでプル型の反響獲得を始めました。
私もその部署に異動して、販売促進を手がけるうちに「モノを売るノウハウがない会社を支援する側」に転職したいと考えるようになりました。入社して2年半のことです。

インタビューアー

ソウルドアウトを選んだ理由を聞かせてください。

中里草大

ソウルドアウトを選んだのには、社長との出会いが大きいです。
社長の荻原と面接で話をしたら、価値観が同じだったんです。主語が「自社」ではなく「お客様」、つまり顧客起点だったことに感銘を受けました。
「この会社なら、自分のやりたいことと合致しそうだ!」と考えて入社を決めました。
当時25歳の自分は視野が狭かったと思います。でも、荻原は日本全体を見ていました。この経営者についていきたい!そう感じたのを今でも覚えています。

デジタルマーケティングの枠を超えて、とことんお客様に寄り添った解決策を考える 「投資対回収」の意思決定基準でやりたい事を楽しむ組織に

インタビューアー

現在、取り組んでいる仕事を教えてください。

中里草大

中途で入社して6年目になり、現在3つの仕事をしています。

インタビューアー

それでは、ひとつずつ詳しく伺えますか?

中里草大

第1に、新規営業開拓です。
お客様の課題をヒアリングした上で解決策を考えますが、広告領域だけの提案にとどまらず、当社の強みであるデジタルのドメインの中で幅広く提案します。
体制が課題であれば、体制づくりの提案から。売り方が分からないのであれば、売り方の戦略をともに考えます。

インタビューアー

なるほど。それでは、2つ目をお願いします。

中里草大

第2に、地域の拠点を立ち上げたり、成長過程の拠点を支援したりしています。
仙台営業所を2018年6月に立ち上げ、月に1回訪問してお客様をサポートしているところです。
全国6拠点をバックアップしていますが、特に仙台と新潟の売上が伸びています。組織として方針が間違っていなかったことを確信しました。

インタビューアー

早くも結果が出ているんですね。では最後に3つ目を教えてください。

中里草大

第3に、既存顧客の成長を営業部とともに支援することです。
営業の成長=お客様の成長につながるため、若手営業マン向けの勉強会を行うなど、教育にも力を入れています。
問題解決能力を重視し、要因分析から仮説を立て、課題設定をして施策を具体化していきます。

インタビューアー

どんなところに仕事のやりがいを感じますか?

中里草大

いちばん嬉しいのは、売上の「数字」としてお客様が結果を出せたときですね。サービスを購入いただいたお客様から、よいレビューをもらえるとさらに嬉しいです。
社内では、部員が楽しそうに働いていることが喜びです。

インタビューアー

部員が満足して働ける環境として、どんなことを意識していますか?

中里草大

部内では「投資対回収」という意思決定基準を作りました。お客様の成長につながる投資については個々の判断に任せています。NOとは言いません。
「最終的な責任はボクが取るから、成功する可能性が少しでもあるならば、どんどん挑戦してほしい」と。
ただ、うまくいかなかったときは理由を分析して学びに活かすところまで考えてもらいたいと伝えています。

新しいサービスやプロダクトの創出、ジョイントベンチャーを視野に挑戦 「失敗を恐れないメンタルの強い人」を求む

インタビューアー

今後のビジョンを教えてください。

中里草大

テリトリーブランディングと呼んでいますが、どうすれば企業や商品のブランドが向上するのか、という部分を短期的に確立したいです。
長期的には、さらに難しい領域に挑戦していきたいと考えています。

インタビューアー

具体的なプランはありますか?

中里草大

まず「サービスもしくはプロダクトを持つ」ことです。今まで中心に行っていた広告の領域から大きく逸脱しますが可能性を感じています。
他にも「分社化やジョイントベンチャー」があります。組織編成を組み替え、事業自体を創出することですね。

インタビューアー

中途入社を考えている人へメッセージをお願いします。

中里草大

苦労が多い分、毎日が成長の連続です。挑戦して結果がでなくても、理由を分析することで成長につながります。
失敗は挑戦の結果であり、大きな学びのチャンスなんです。
挑戦なくして成長もありません。「失敗を恐れないメンタルの強い人」と働きたいと考えています。

Interviewその他の社員のインタビュー