Interview

2013年新卒入社
LINE事業本部
LINE東日本推進部

坂本 真由子

法政大学デザイン工学部出身。プロダクトデザインを中心に、実践的なクリエイティブを学ぶ。在学中に、高級料亭のアルバイトで接客業のノウハウも習得。入社して6年間異動はなく、クリエイティブ部門一筋のベテラン。昨年から部長補佐として部下のレビューや社内のナレッジ共有に注力する。

6年間の歩みで、会社とともに自分も成長。
新人時代に味わった悔しさは、いまでも仕事の原動力。

デザインと接客のアルバイトに明け暮れた学生時代 ソウルドアウトの企業理念と事業の合致に共感する

インタビューアー

どんな学生生活を送ってきましたか?

坂本真由子

デザインに関心があり、学生時代は法政大学デザイン工学部システム工学科で学びました。
進学のきっかけになったのは、高校生のときに学科の先輩が口にした一言です。「デザインはアートではない」と聞いて、とても興味を引かれました。
一見、何の変哲もないドアノブも工夫して作られているんです。「世の中にある不便なものをみつける」ことを起点に、モノづくりを考えました。
仮説、検証にはじまり、プレゼンテーションを行って、世の中にプロデュースするまで。クリエイティブ、マネジメント、テクノロジーの3つの軸から実践的に学びました。

坂本真由子

サークル活動は、広告制作のサークルに参加していました。クライアントが協賛するコンテストで、グラフィック、CM、ラジオ、PRを競い合います。
今思い返すと、現在の仕事と比較して「学生レベルだったな」と感じます。

インタビューアー

デザインへの関心がとても高かったんですね。ほかに興味のあったものはありますか?

坂本真由子

ワインバーや神楽坂の料亭など、接客業のアルバイトに夢中でしたね。
そのため、就職活動はPRや広告関係の会社を数社ピックアップしただけで、あまり力を入れていませんでした。内定をいただいたのはソウルドアウト1社です。

インタビューアー

ソウルドアウトを選んだのは、なぜですか?

坂本真由子

企業説明会で、まず「日本の99.7%が中小企業」という数字に驚きました。それから、中小企業を元気にすれば日本が元気になる理念に共感しました。
さらにWEBなら全国に広告を届けて、PDCAサイクルによる改善が可能です。
理念と事業が合致している会社はあまりないと感じていましたが、ソウルドアウトは違ったんです。それが決定打となって、ここだと決めました。

振り返れば激動の年月だった入社からの6年間 会社が変化を遂げ、部長補佐になって自分も成長した

インタビューアー

入社されて以降、ソウルドアウトはどう変わりましたか?

坂本真由子

入社して6年が経ち、振り返れば激動の年月でした。この6年間で会社は大きな変化を遂げています。
入社したばかりの頃、「お客様は中小企業」といっても誰もが知る有名な大手企業などのお客様が多く、社内も整備されていませんでした。
試行錯誤の状態でしたが、その分、大胆な挑戦ができることが魅力でもありました。
現在は、当初主軸だったリスティング広告に加えて、中小企業を支援するサービスやノウハウが拡がりました。

インタビューアー

ご自身の環境には、どんな変化がありましたか?

坂本真由子

部長補佐という役職について2年目ですが、成長した自分を感じています。
これまでは「求められている以上の成果をだせば、自分がほめられる」ことがモチベーションでした。
しかし、所詮それは自分ごとです。部長補佐の立場になって、自分のことだけではなく、メンバーたちの未来を考えて指導する重要性を実感しました。

インタビューアー

具体的には、どのように取り組まれているのでしょうか?

坂本真由子

クリエイティブの部署ですが、企画を練る部分までを担当して具体的なデザインはしていません。メンバーに企画をお任せして、私はメンバーのスキルアップのためにレビューを行います。
「なぜここはこういう風にしたの?」「ここはもっとこうしたらどうかな」と、いっしょに考えたり、ヒントを与えたりします。

坂本真由子

同時に社内整備も手がけています。私は社内でも珍しく、部署異動がないタイプの社員です。
長い間クリエイティブを担当してきましたが、属人化せずに「こうやったらよいクリエイティブが作れるよ」というノウハウを共有できる環境づくりに努めています。

下書き保存のまま送らなかった抗議の長文メールが原動力 将来的には商品開発やブランディングも手がけてみたい

インタビューアー

思い出深い経験はありますか?

坂本真由子

入社して1年目は大変でした。LP(ランディングページ)の制作を任せていただき提案書を作ったのですが、営業担当者からなかなかOKをもらえませんでした。
さらに、お客様に提出する際、私に断らず勝手に修正して提出されてしまいました。悔しかったですね。考えに考え抜いた提案で、自信があったので。
あまりにも悔しくて、気がついたら抗議の長文メールを書いていました。クリエイティブ部門なので、読みやすく改行まで意識して書いていたり(笑)けれども、送信はしていません。
そのメールは今でも下書きのまま残っていて、ここまでの原動力になっています。

インタビューアー

教訓となって生かされていますか?

坂本真由子

社外はもちろん、社内でもいかにコミュニケーションの落とし所を見つけるかという点で、交渉術が求められます。
クリエイティブに関わらず、社内と社外を調整して仕事をする上で相手に対する「想像力」は大切です。そういった意味では、良い経験になったと思います。

インタビューアー

今後のビジョンについて教えてください。

坂本真由子

将来的には、商品開発の上流工程まで手がけることが目標です。
大学で学んだことに通じるのですが、既にできあがった商品だけでなく、売り方、パッケージやネーミング、ブランディングまで担当できればいいな、と考えています。

Interviewその他の社員のインタビュー