Interview

ビジョンを明確に描き、前進を続ける。
誰からも信頼される、
名古屋のトップ営業リーダー

大橋のりみ

Norimi Ohashi

営業 / 2014年 新卒入社

ソウルドアウト株式会社 マーケティングカンパニー
マーケティングデザイン本部 ストラテジックプランニンググループ リーダー

代表取締役会長CGOの荻原猛がインタビューしています!

1.自己紹介をしてください

明確に描いたビジョンに向かって前進する

荻原

まずは、今までのキャリアを教えてください。

大橋

はい。私は三重県出身で、就職と同時に上京しました。入社後4年間は、営業として既存のお客様の成長戦略の設計や、Web広告の配信管理をしていました。その後1年間、まだ弊社とお取引のない新規のお客様へデジタルマーケティングプランの提案を行う部署に異動し、営業活動に従事していました。現在は名古屋営業所に異動し、既存と新規両方のお客様の営業を行っています。

荻原

このようなキャリアを歩むことになった理由はありますか?

大橋

入社1~2年目の頃に描いた、キャリアのロードマップに沿って、自ら希望して進んできましたね。「まずはお客様の売上を上げるスキルを身に着ける。次に、新規のお客様へ提案できるスキルを身に付ける。そしてこの二つの武器を持って、地方営業所に行きたい」という思いを、当時の上司が、私の成長スピードや身に付けるべきスキルを一緒に考えて設計してくれました。

荻原

明解なキャリアビジョンを持っていたんですね。名古屋営業所への異動も、計画に入っていたんですか?

大橋

そうですね、今の夫とは大学時代から付き合っていて。いずれは名古屋に帰りたいと考えていました(笑)。

荻原

なるほど。既存営業の部署から新規営業の部署に異動したのも、このロードマップに沿ったものですか?

大橋

そうですね。4年間の営業活動で、Web広告を使って既存のお客様の売上を伸ばすことはできるようになったものの、新規営業の力が足りないと感じていました。既存営業と新規営業の両方に貢献できるようなスキルを持って地方で働くために、新規営業チームに移動しました。

2.ソウルドアウトへの入社動機を教えてください

自身が成長できる環境に身を置き、幅広い領域でお客様に価値を提供できる人になりたい

荻原

ソウルドアウトに入社した動機は何でしょう?

大橋

荻原さんはよくご存じだと思うんですが(笑)、成長市場に身を置きたいと思っていたからです。若いときに苦労ができる環境=自分が成長できる環境、と捉えていたので、市場が伸びている業界の会社を探していました。

荻原

名古屋にも成長市場の会社はあったと思いますが、その点についてはどう考えていたんですか?

大橋

たしかに、機械・メーカー系など、昨対比101%や102%の成長を続ける会社はたくさんありました。ですが、私が望んでいた伸び幅は120%、130%。「その成長痛を一緒に体験したい」と考えていたんですよね。だからこそ、Web関連のベンチャー企業を志望しました。

荻原

市場に合わせて自分も成長する。そういう環境に燃えるんですね。

大橋

振り返ってみるとそうかもしれません(笑)。あと、「やる気はあるけどやり方が分からない」「スキルがない」という企業に対し、課題解決のご提案をすることで、次のステップに上がるサポートができるところや、企業に対し、ヒト・モノ・カネの様々な面で貢献ができるところにも惹かれました。

荻原

Web関連企業の中でもソウルドアウトを志望したのはなぜでしょうか?

大橋

中小・ベンチャー企業の社長さんたちを応援する、一緒に走る、という考え方がしっくりきたからですね。大企業のスマートな感じより、皆で泥臭く頑張る感じが良いなと思いました。また、ソウルドアウトであれば、場所に縛られることなく自由に働くことができて、自分の描く未来に近づけそうだと感じたことも、志望した理由の一つです。

3.入社後のエピソードについて教えてください

仕事のスキルアップだけでなく、人としての成長も遂げてきた

荻原

仕事をしていて嬉しかったエピソードはありますか?

大橋

対面しているお客様のご担当者様が、社内で評価されるようになったことですね。私たちと取引を始めて成果が上がり、社内で評価され昇進されたそうです。「ソウルドアウトに任せて良かった」「大橋さんに任せて良かった」と言っていただけて、とても嬉しかったですね。

荻原

では反対に、仕事をしていて辛いことはありましたか?

大橋

私がしてしまったミスを、先方のご担当者が上司に説明しなければいけなくなってしまったときです。学生時代は、ミスをしても「ごめんなさい」と謝れば許されていたんですが、社会人になると自分一人で完結することはなくて。私がミスをすると、私の上司にも謝ってもらわないといけませんし、担当の方が上司に謝らないといけない。とても辛いな、と思いました。

荻原

では、仕事していてどういうときに成長を実感しますか?

大橋

「成長」には、人間としての成長とスキルの成長があると思います。まず、前者の成長を実感したときのことを話します。実は私、入社したての頃、同期とあまり仲が良くなかったんです。社会人としてしっかりした振る舞いをしなければという気持ちから、同期に対しても緊張しながら慎重に接していました。それに、プライドも志も高くて、圧倒的に自分が一番になりたかったから、私のために皆が働くのが当たり前だと思っていた節もありました(笑)。

荻原

それはおもしろいですね(笑)。

大橋

他にも、人にうまくお願いできなかったり、悪いな、と思っていても「ごめん」が言えなかったり。今思えば、あまり自分のためにはなっていなかったなと反省しています。でも、上司と対話を重ねていく中で、どうしたら気持ちよく仕事ができるだろう、皆に協力してもらって成果が出せるだろう、と考えるようになりました。

荻原

なるほど、少しずつ思考が変わってきたんですね。

大橋

思考が変化してきたこの6年間、皆に好かれようとして、何度かキャラクターを変更しましたね(笑)。今は同期とは仲がいいですし、後輩からは相談をしてもらえたり、先輩からも「大橋に任せれば何とかなるだろう」と思ってもらえたりなど、細かい対話によって、同僚から信頼してもらえるようになりました。

荻原

確かに、大橋さんは誰からも頼られているイメージがありますね。では、スキルの成長についてはどうでしょう?

大橋

新規のお客様に営業活動を行う部署でググッと成長できましたね。幅広い業種を担当して視野が広がりました。また、短期間で顧客情報をインプットして、提案書にアウトプットして、と、インプットとアウトプットを毎日繰り返しており、ものすごいスピードで成長できました。そんな状況でもみっちりサポートしてくれた当時の上司にとても感謝しています。

荻原

目標はどうやって立てていますか?半年でここまで、と成果や期限を決めているんでしょうか?

大橋

そうですね。半年に1回、上長とキャリアに関して面談をしています。自分が今までどのように成長してきて、今後何を得たいのか、明確にしていきますね。

荻原

上長とガッツリ語るんですね。

大橋

はい。マネージャーに昇進してから、ドラッカーの『マネジメント』を読んだんです。それで、「自部署に求められるマネジメントとは?」という考えを整理しました。上長にも意見を聞いてみて、定期的に振り返るようにしていましたね。また、半年ごとに行われる上長との目標設定面談では、自分の本当になりたい姿は何か、やりたいことに直結した目標を立てられているか、それに対して進捗状況はどうかなど、仕事の話だけでなく、キャリアや人生についても上長が一緒になって考えてくれています。

荻原

社会人になってから、何か勉強をしていますか?

大橋

入社当初は、中小企業診断士の勉強をしていたので、経営・財務・法務・運用管理など経営に関する様々な分野を学びました。最近は、ブランディングの知見を深めるために、ブランドマネージャー認定協会の研修に参加したり、関連の本を読んだりしています。

荻原

社会人になってからの方が勉強しますよね。

大橋

そうですね。最近、新卒採用の面接官をするようになったのですが、面接に来た学生に「勉強好き?」と聞くようにしています(笑)。私の入社面接のとき、「勉強するのは好き?学ぶことって大事なんだよ」と質問されたことがあるんですよね。ソウルドアウトって、表面的な派手なエピソードに囚われない会社なんだなあ、と思ったのを今でも覚えています。

4.ソウルドアウトの社風について教えてください

日常的な細かいフィードバックが成長の肝

荻原

ちなみに、仕事をしていてどういうときに褒められ、どういうときに怒られますか?

大橋

褒められる場面は、役割や社歴によっても違ってきますが、日常的に、すごく細かく褒めてくれますね。自分の立てた目標に対して、具体的に今私がどこにいるのか、というのを客観的な視点で明文化してくれます。ありがたいですね。

荻原

例えばどんな感じでしょう?

大橋

1年の終わりに、この1年間で何ができるようになったかを自己評価するのって難しいと思うんですよね。でも、「これができるようになったね」とか「もう少ししたら次のステップに向けて、これをやっていこう」とか、成長ステージに合わせて褒めてくれるんです。

荻原

かなり具体的なフィードバックがもらえるんですね。では、怒られるのはどんなときですか?

大橋

怒られるのが嫌で、ミスの報告を遅らせたとき。何とかなると思って黙っていたら、何とかならなくて火種が大きくなったときです。

荻原

それは怒られますね(笑)。でも、一度経験すると、次から止めようって思えますよね。

大橋

そうですね。誰にとっても良いことがないな、と実感できました。

荻原

ソウルドアウトで変えていきたいと思うことはありますか?

大橋

女性リーダーのロールモデルを増やしていきたいです。現状、管理職として活躍する女性はいますが、役員クラスではいません。ライフステージの変わる世代が多くいるソウルドアウトだからこそ、男性も含め、一人ひとりの能力が最大限活かせる制度や文化を作りたいと思っています。性別やプライベートの状況に関わらず、優秀なリーダーやプレイヤーがより強く、長く、活躍できる土壌をもっと強固にしていきたいです。

荻原

大橋さんは、東京と地方のどちらも経験していますよね。地方営業所のいいところはどこでしょう?

大橋

営業一人ひとりが、お客様の会社がどのように新卒採用をやっているのか、給与はどういった基準で決められているのかなど、事業の深い部分までお客さんと議論できることですね。その議論をもとに、Web広告の範囲に囚われないご支援ができるのはいいところだな、と思っています。

5.今後挑戦したいことを教えてください

自分の人生は自分でハンドリングしていきたい

荻原

今後、大橋さんはどういう人になっていきたいと思っていますか?これから挑戦したいことも教えてください。

大橋

自分の人生を、自分でハンドリングしている人に憧れます。ソウルドアウトだと、尊敬しているのは、中里さん(現・グロウスマネジメント本部本部長)ですね。「こういう風になりたい、そのためにこうする」というのがとても明確。私も、性別や役割、仕事やプライベートに囚われず、自分が望む人生を送りたいと思っています。

Message

最後に、就活生へアドバイスを!

「どうしてその会社を選んだのか」というのは、入社した後に聞かれる回数の方が多いんですよね。私は今でも、半年に1回くらい入社動機を話しています。やはり、相手がどんな想いを持って働いているのか、みんな知りたいんですよね。想いが通じる人たちと働きたいですから。それに、自分が辛いときに、自分を支えてくれるものも入社動機だと思うんです。だからこそ「本当に好きだ!」と心から思える会社を選ぶのが大事だと思います。

Other Interview

RECRUITMENT 2O21